Department of European Civilization

ニュース&トピック:2016年7月20日

中澤達哉先生の共著『礫岩のようなヨーロッパ』が刊行されました。

中澤達哉先生が執筆を一部担当された『礫岩のようなヨーロッパ』山川出版が刊行されました。

中澤先生は、第Ⅱ部第4章でハプスブルク帝国について新しい角度からの理解を提示しています。

中澤達哉「ハプスブルク君主制の礫岩のような編成と集塊の理論 ――非常事態へのハンガリー王国の対応」

【以下は出版社の解説】
「礫岩のような政体」から構成されていた近世のヨーロッパ。近代の国民国家とは異なる複合的な国家秩序のあり方を検討し、ヨーロッパの近世史をあらためて問う。共同研究の成果。

【書誌情報】 古谷大輔、近藤和彦(編)『礫岩のようなヨーロッパ 』山川出版、2016年

ページのトップへ戻る